こうでら整骨院 ~首の痛み・肩の痛み・肘、膝の痛み~
ホーム 治療の流れ 料金 Q&A メール

腰・脚の痛み

変形性膝関節症
変形性膝関節症とは、太ももの骨と脛(すね)の骨の間でクッションの役割を果たす関節軟骨が擦り減り、上下の骨同士のぶつかり合う部分が擦り減ったり変形したりする病気で、リウマチとは区別されます。私たちが生活していくうえで「立ちあがる」「座る」「歩く」などの動きは欠かせません。その際に膝にかかる負荷は体重の3~5倍とも言われています。
変形性質関節症になると、太ももの骨と脛(すね)の骨同士がぶつかり合う際に体重の何倍もの負荷がその周囲の神経を刺激するため、階段の昇降時(特に降りる時)や正座など、膝を曲げ伸ばしするたびに痛みを感じるようになります。したがって日常生活に大きな支障をきたすことになります。治療方法には人工関節を置換する外科的手術もありますが、完全に痛みがとれるかどうかは個人差があるようです。こうでら整骨院では痛みをできるだけ和らげることを目的として、温熱治療・電気治療・超音波治療・ストレッチなどを行って痛みの改善に務めています。
〒679-2142 兵庫県姫路市香寺町広瀬16-1
こうでら整骨院

TEL 079-232-1113